たぬきのたね

~子育てって楽しい、って最近言えるようになってきました~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
いつも許してくれているのは子どものほう
仕事で、月に1回ベビーヒーリングタッチ(マッサージ)を
行っています。
7月は29日の金曜日でした。
この日は、暑かった~
汗だくでタッチしました。

私の担当した親子さんは8~10ヵ月の
やや月齢の高いあかちゃん。
その中に1組、お兄ちゃんも一緒にきた親子がありました。
お兄ちゃんは2歳半。

すると、そのお兄ちゃん、
8ヵ月の妹のタッチが始まると同時に
「ぼくも、ぼくも」と言って
いきなり服を脱ぎだし
パンツも脱ぎ・・・
すっぽんぽんで妹の横に転がりました!

妹のタッチが終わるまで
裸でごろごろし、
自分の番になると、妹を押しのけママにタッチされていました。
その表情の、幸せそうなこと!

私たちの職場では
ヒーリングタッチは、対象年齢を0歳で行っていますが
何歳でもできます。

むしろ、1歳半すぎくらいになると
ママに触れられることを
積極的に好み、喜ぶので、
本当に親子関係を深く良いモノにすることができます。

ママのほうも
子どもが全身でうれしさを表現しているので
なおさら愛おしく思えてきますし。

対象者である8~10ヵ月の赤ちゃんは
逆にハイハイ時期なので
タッチをするために自由を奪われることをいやがり
泣いていやがったり、
どこかへ行ってしまってゆっくりタッチできなかったり。

こんな親子をみると
本当に子どもはママが大好きなんだなぁって思います。
ちょうど2歳で、ワガママ言ったり
言うこと聞かなかったりで
いつも叱られたり泣いてたりして、
ママのほうもイラッっとくることも多い時期なのですが
子どものこんな姿を見たら
さっきまでのイライラなんて吹き飛びますね~

子どもって、すごいなぁ
さっきまで怒られてるのに
いつも子どもの方からママに笑顔を見せたり
甘えたりして
直前のママのことを全部許しちゃってるんですものね。
どんなことがあっても
子どもはいつもママのことを許してくれる。
子どもの方が、大きな心を持っているなって

そう感じた日でした。
スポンサーサイト

仕事 | コメント(0) |permalink
<< キャンプだって! | home | 犬小屋テント劇場へ行ってきました >>
コメント
write

管理者にだけ表示
| home |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。