たぬきのたね

~子育てって楽しい、って最近言えるようになってきました~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
ライオンキング
3連休は、久々に自分の用事で札幌に出た~

札幌はええなぁ~

車に乗らんでもいいし、たくさんお店はあるし、

田舎も悪くはないけど、

札幌生まれの札幌育ちの私には、

時々無性に都会の混み混みしたのが恋しくなるときがあります~




さて、今回の用事とは・・・






劇団四季のライオンキング観てきました~




やっぱり北海道に劇場があるなら1度は行かんとね。

しかも、今はライオンキングだし。



以前、札幌駅内に仮設シアター(JRシアター)があったときにも観に行きましたが

その時の演目は「オペラ座の怪人」でした。



それからかれこれ20年・・・



20年!!!!



うっわ・・・そんなにたってるの?

結構生きてるね私・・・。




で、そのライオンキングでしたが、



やっぱり舞台装置がすごいね~

専用劇場だからこそ、で、

ちょっと地方で遠征するような演目とは違います。

私の席は、ずっと後ろのPAのすぐ前だったんですけど

それも気になって気になって、途中の休憩の時にはアヤシイひとのようにPA機器の前で

怖い顔してじっくり観察していました。



シートの料金が高くて・・・(札幌の小劇場と比べると)

後ろの方でしか観られませんでした・・・(お小遣いもう無いから・・・)



TVで観てて、違和感があって

「大きな人形劇にしか見えない・・・これ劇場で観たらどうなんだろ・・・」

と思っていたメインキャラじゃない動物たち。

はじめこそ、キリンがどうしても認知できなかったんですが

インパラとかの動きがとってもリアル!

意識して人間の演技に注目しないと

ひとが演じているのを忘れるほどでした。



キャストは

ヤングシンバの本田大河くん

と~ってもよかった。

シンバのやんちゃな感じが、身軽にぴょんぴょんとっても軽快。

ダンスが上手~

私的には、青年シンバよりもずっと良かったように見えました。



そして、シンバの友達ナラ。

ナラは、大きくなってからの小松加奈さんがとてもよかった。

雌ライオンの、女だけど強く勇ましい感じが

あの小さな体で表現されてて、とってもカワイイ。

しなやかな動きに、声もまたいいんだよね。

すごい女優さんだなって思いました。まだ20歳くらいなんですって~



俳優さんたちが北海道出身者が多いっていうのが嬉しいところです。

ティモンとプンバァのセリフも北海道弁。。。どっちかが北海道の出身とか。

「なして~だべ?」

「~ないかい?」

みたいなのは、子ども席から笑い声が~♪

でも、ネイティブの北海道弁なのに芝居にすると違和感があります。

なんでかな?



ストーリーや演出は

もう、ほとんどアニメのまんまで、逆に驚き。

ディズニーに忠実で、アニメはしばらく観ていなかったんですが

懐かしくって、また観ようと思うくらいです。



四季の演劇はちょっとちがって楽しかったです~

来月は

パインソーのお芝居があるんだけど・・・

お金が続かない・・・

川尻恵太(SUGARBOY)の作品チェックしておきたかったんだけど・・・。

恵ちゃんは北海道出身だからね~



と、いうことで、秋を満喫してきた連休でした


自分 | コメント(0) |permalink
back | home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。