たぬきのたね

~子育てって楽しい、って最近言えるようになってきました~
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |permalink
習い事
先日、保育園へ送って行ったとき、
あーちゃんのクラスの子が
「今日、水曜日だから、英語の日だ~」
といっていました。

「へ~英語習ってるんだ~」と、聞き返すと、

「○○ちゃんも行ってるよ、△△ちゃんも!」
「□□ちゃんは、ヤマハにいってるよ~」
「◆◆ちゃんは、バレエやってるんだよ~」
「××ちゃんは、スキーだよね」

と、次から次へと、周りの子の習い事状況を教えてくれるお友達・・・


ふと、気がつくと
お友達のほとんどが何かしらの習い事をしているようです!!

「えええええ~!?
 保育園に行っててそんな時間どこにあるの?」

という思いと、

「何にも通っていないのって、まさかと思うけど、ウチだけ・・・?」

という、もやもやとした不安が。。。



数年前に3才になった頃
幼児教育ってどうなのかしら、と一時考えたことがあります。

親の私自身、何の特技も特徴もないので
大きくなってからも続けるかどうかは別として
何かに触れさせた方がいいのではないか?

と。


でも、仕事が忙しかったのでそれどころではない、
ということや
そうそう、急いで何かをやらせなくてもいい、という周りやパパの意見もあり
そのまま流していましたが。

今時って
何もやっていない子っていないの?


うちの子は素朴な感じですが
それって競争やひときわ大きな好奇心を持つモノに触れてないからなのかしら

私は
子どもは素朴に育てようと思っていたから
先日保育園でこの話を聞くまでは
それでいいと思ってきたのだけれど

幼児の時に「素朴な子」って
大きくなったら「取り柄のない子」になってしまうのかしら?


えええ?
どうなの?

でも、うちに何かの月謝を払う余裕なんてないけど~
スポンサーサイト
育児 | コメント(3) |permalink
| home | next
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。